簿記

簿記2級のネット試験|ペーパー試験との違いや失敗談3つを暴露します

ネット試験失敗談と違い

 

簿記2級はネット試験の方が簡単そうだからと、なめて受験したら痛い目に合いました。
パンケイ

悩んでいる人
へー。

 

今回はネット試験での失敗談をお伝えします。

 

・簿記3級はペーパー試験で合格(96点)
・簿記2級はネット試験で合格(70点台前半)

 

紙とネット試験の両方で合格した経験を元に、2つの違いも解説します。

簿記2級はネット試験で一応合格はできましたが、かなりギリギリでした。

合格点は忘れました、すみません。

ネット試験での失敗談3選

 

要約するとやっちまった話。
パンケイ

 

時間が足りなさすぎて解答できない

 

悩んでいる人
時間が足りなかった?

かなり短くてギリギリ......いや、間に合わなかったです。
パンケイ

 

ネット試験とペーパー試験の制限時間はこちら。

 

資格\試験方式ネット試験ペーパー試験
簿記3級 60分60分
簿記2級 90分90分

 

悩んでいる人
同じじゃん。

......あれ?
パンケイ

 

実は簿記2級、もともとは試験時間が120分でした。

2021年2月のペーパー試験を最後に、ネット試験に合わせるような形で90分へと変更。

ぼくは2021年2月のペーパー試験に向けて勉強していましたが、ネット試験の方が早く受験できて楽そうなので挑戦しました。

 

なんで試験時間が短くなったのかな。
パンケイ

 

それに関しては、商工会議所からこのようなコメントがありましたのでご紹介。

 

「スピードと正確性を求める」
ビジネスの現場では時間管理は不可欠です。そのため本試験では、スピードと正確性を求める出題内容としています。特に、会計処理で必ず必要な仕訳については、速く確実に行うことを重要視しています。

2021年度からの新たな日商簿記検定試験のコンセプトなどについて

 

またこんな記載も……。

 

試験時間の短縮により解答にあたっては、より速さと正確性を求めるものといたしました。

2021年度からの新たな日商簿記検定試験のコンセプトなどについて

 

簿記3級ペーパー試験はじっくり解く時間があり、見直しの時間も充分でした。

でも簿記2級ネット試験はゆっくり問題を解いている時間がなく、見直しもできませんでした。

商工会議所のコメントからも、早さと正確さを意識した回答はかなり大事になってくることが分かります。

 

ネット試験は問題が解きずらかった

 

ネット試験とペーパー試験は解き方が完全に違います。

 

ネット試験ペーパー試験
パソコンに入力紙に書く

 

パソコンに直接入力する解答方法に慣れ親しんでいなかったので戸惑いました。

 

悩んでいる人
具体的にはどんな感じで難しいの?

例えば数字の入力。
パンケイ

 

100万をパソコンで打ち込んでみてください。

一発で打ち込める人はきっと少ないはず。

100万は、1,000,000です。

ゼロが6つで、2個目のカンマの次に1が来ます。

数字の入力に慣れず序盤で少し時間を浪費したので、多少慣れておくことをおススメします。

 

開始号令がなくて強制終了

 

これはネット試験の難しさというより、驚きの方になります。

 

・試験開始の号令はない(ボタンで問題開始)
・制限時間が来たら強制終了
・試験結果はその場ですぐ分かる

 

こういった点がペーパー試験と違ってびっくりしました。

自分で勝手に問題開始ボタンを押して、時間が来たら強制終了。

 

悩んでいる人
始めー。

終わりー。
パンケイ

 

という声がないということです。

退出後はすぐ試験結果の記載された紙をもらって帰らされます。

なので試験を受けたという実感も、合格したという実感も正直あまりなかったです。

 

【比較】ネット試験とペーパー試験はどっちが簡単なの?

 

2020年以降の直近合格率を比較してみるとこうなりました。

 

 

\ 簿記3級ペーパー試験 /

合格率合格者数
159 27.10%13,296人
158 28.90%14,252人
157 67.20%40,129人
156 47.40%30,654
155 --
154 49.10%37,744人
累計 45.40%136,075人

 

中止の155回を除き、最新5回分のデータを元に算出しました。

 

\ 簿記3級ネット試験 /

期間合格率合格者数
2020/12
~2021/3
41.00%24,043人
2021/4
~2021/12
41.70%58,724人
累計 41.50%82,767人

簿記3級に関しては、わずかにネット試験の方が合格率が低い結果となっています。

手堅く合格するならペーパー試験と言いたいところですが、簿記3級の最新2回の合格率は30%以下です。

 

 

\ 簿記2級ペーパー試験 /

合格率合格者数
159 30.60%6,932人
158 24.00%5,440人
157 8.60%3,091人
156 18.20%7,255人
155 --
154 28.60%13,409人
累計 21.50%36,127人

中止の155回を除き、最新5回分のデータを元に算出しました。

 

\ 簿記2級ネット試験 /

期間合格率合格者数
2020/12
~2021/3
46.60%13,525人
2021/4
~2021/12
38.70%28,126人
累計 41.00%41,651人

 

簿記2級に関してはネット試験の方が圧倒的に合格率が高いです。

ネット試験は確かに難しい部分もあります。

でも簿記2級に関してはネット試験の方が合格点を取りやすい傾向です。

簿記2級まで合格したい方は、簿記3級もネット試験で受験した方が試験慣れという面でも良さそうです。

 

ネット試験で合格するための対策は?習うよりなれろ

 

どんな記事を読むよりも早い対策方法があります。

 

悩んでいる人
それは?

一回受験してみることです。
パンケイ

 

本末転倒ですが、結局これが一番の対策になると思います。

模擬試験で合格点がでれば挑戦してみるのもアリだと思います。

もしくは日本商工会議所からネット試験の操作体験版がダウンロードできます。

パソコン環境からこちらのフォルダーをダウンロード→解凍すれば、簿記初級のネット試験を体験できます。

簿記1級受験生のぼくが試しに挑戦してみた結果、まさかの70点という点数。

 

 

悩んでいる人
あれ、パンケイさん今簿記1級を勉強しているんだよね?簿記初級で70点?


パンケイ

悩んでいる人


 

やっぱり自分は簿記がニガテな経理マンだと知ってわりとへこみました。

後日:マニュアルを読むと点数計測の機能はないようです。試しに無回答で試験終了してみても70点でした。安心しました。

 

ちょっとまった!それでもペーパー試験を目指すのがいい理由

 

 

コロナをひとつのきっかけに2020年12月に導入されたネット試験(CBT方式)。

今後はネット形式がメインになってきそうです。

でも試験日という目標が消えるとモチベーションが......。

なので個人的にはペーパー試験を目標にするのがおススメです。

 

・ペーパー試験日を目標として勉強する
・過去問などで合格点がでればネット試験に挑戦

 

そして結果的にネット試験で合格する、というのが良さそうに思いませんか?

 

【実体験】現役経理の簿記ユーチューブおすすめ5選!簿記3級と簿記2級に合格!

簿記おすすめYouTube動画
【実体験】現役経理の簿記ユーチューブおすすめ5選!簿記3級と簿記2級に合格!

 


 

-簿記